同友会ニュース−活動報告

労使見解から読み解く〜 経営指針の全社的実践〜【青年部例会】(18.09.11)

次世代の経営者に熱い思いを伝える!

 6月の女全交in埼玉、そして7月には関東甲信越フォーラムin神奈川と、大きな行事が続いたために、青年部として今期一回目となった9月例会。報告者に、経営労働委員長の吉田雄亮氏を迎え、50名を超える人数で熱気溢れる例会が行われました。
 報告では、拡大路線に走ったために会社にひずみが生じ、退職者が続き、社内の風土も体制もボロボロになった吉田電工が、経営者が自分ととことん向き合ったことを契機として、徐々に社内風土を改善し、経営指針が全社的実践に至るまでを赤裸々にご報告頂きました。

 \;

経営課題と向き合う

 \;  現経営労働委員長の報告ということで、今年指針づくりセミナーを受講している人、以前に受講しているがなかなか成果に繋がっていない人など、各々が多くの経営課題を抱え参加していたため、グループ討論もずばり「自社の抱える課題とは?」をテーマとして、活発な討論が行われました。
報告・グループ討論・グループ発表・座長まとめ、そして最後の懇親会と、参加者で多くの学びを共有し、明日からの実践に繋がるような実り多い例会となりました。

(浦和地区会 小杉英介 記)

▲ このページの先頭にもどる

携帯対応について