同友会ニュース−活動報告

私たち中小企業の “働き方改革”って何ですか!? 〜実践企業&行政と学ぶはじめの一歩〜女性経営者クラブ・ファム オープン学習会

座長:岩見真里子氏 〈me life woman 代表〉 
進行:宇梶純江氏 〈すみえ社会保険労務士事務所 代表〉 
パネラー:中川怜子氏 〈(株)ディーアイケイ 専務取締役〉 
      大原佳子氏 〈(株)アイオプト 代表取締役〉

働き方改革をテーマに取り組み事例を報告いただきました

 \;  ファムのオープン学習会では、働き方改革をテーマに、実践企業の取り組みを学びました。多店舗展開されている大原氏より、情報共有の標準化と会議等での人の移動の効率化を図るグループウェアの導入事例と、時間管理と給与計算の効率化を目的に勤務システムを導入した事例をお話し頂きました。中川氏からは、WEB支援事業ならではの新人教育等の一環で作成したマニュアルをグループウェアで共有し労働生産性向上及び日々の心の状況をWEBで把握し合う事例と、資格取得支援及び在宅勤務導入により、辞めずに働き続けスキルアップを図り活躍できる柔軟な会社の取り組み事例をお話し頂きました。

書類電子化の提案

 \;  報告を聞き、「自社でもグループウェアを導入したい!」「(適正な)労働時間と向き合わなければならない」といった発表がある一方で、「必要性は十分理解できたが、正直、何から始めたらいいのかわからない」といった、素直な意見も出ました。埼玉県産業労働部ウーマノミクス課の伊藤主査より「実践に向けて、ぜひ皆さんにチャレンジして頂きたいのは、書類の電子化です」といったアドバイスと共に、中小企業で実践していく為の「県からのステップ別3つの支援」もご案内頂きました。これからもファムは行政とも連携しながら、次の時代に備える“柔軟で魅力ある企業づくり”を学び実践していきたいです。

▲ このページの先頭にもどる

携帯対応について