同友会ニュース−企業訪問

「道徳」こそ同友会の学びの本質!((有)昇栄興業 代表取締役 伊藤 健)

とにかく「一番」を目指して

 中学の卒業文集にはしっかりとした文字で「社長になる!」と書いてあったと伊藤さん。「振り返ると、なるべくして社長になりました。なにしろ、幼い頃からの根っからの目立ちたがり屋ですから(笑)。父
からは『何でも一番になれ』と言われ続けてきました。その影響が大きいかもしれません」
 中学卒業後、すぐにお父様が専務を務める建設会社に入社。職場では仕事に厳しい先輩の指導の下、鉄筋加工の技を磨くとともに、建設業の経営を学びます。
 そして、2000年、26歳の時に転機が訪れます。一念発起し、個人事業主(屋号:伊藤鉄筋工業)として独立。その後、2005年に法人化。その頃には従業員が10名を超えるようになっていたとのこと。

人に関する悩みが尽きず…そして同友会へ

 「独立してから事業は順調に拡大していきましたが、とにかく人に関する悩みは尽きませんでした。入社しては辞めていくの繰り返しでしたから」と伊藤さん。そんな悩みを側にいて一番聞いてくれたのが奥様とのこと。奥様との間で繰り返される会話の中で、社員が次から次へと辞めていく理由は自分自身にあったことに気づかされ、「もっと大人になりたい」と思っていた時に同友会と出会います。
 「東彩地区会長の太田さんから例会にお誘いいただきました。経営者団体に妙な憧れがあって、二つ返事で例会に参加しました。その時の報告者が?眞翦超盥業の盒兇気鵑如同業なのに自社とは全く違った経営手法で結果を出していて、しかも新卒採用までしていて…そして、グループ討論もおもしろくて。インスパイアーされちゃいました」と、2016年2月に入会して即、経営指針づくりセミナーに参加します。
 「地区会の例会のグループ発表で頭が真っ白になってしまって何も話せなかったのが悔しくて、悔しくて。とにかくこの1年、同友会でがむしゃらに学んできました」  \;

          ▲同友会の仲間とともに(中央が伊藤氏)

『道徳』を日本の中小企業に広めたい

 最後に、経営者として大切にしていることを伺いました。「おばあちゃんの教えですね。思いやりをもつとか、約束を守るとか、悪いことをしたら素直に『ごめんなさい』と言うとか。一言で言えば『道徳』となるのでしょうか。昔からとにかく『道徳』が身についてない人が大嫌いです。以前は『道徳心』のない社員には鉄拳制裁も辞さずで厳しく当たってしまうこともありました。近ごろは同友会での学びも深まり、そういうことはなくなりましたが(笑)」
 「『人を生かす経営』の根っこには『道徳』があると思うんです。おばあちゃんから教わったこの『道徳』を、同友会を通じて日本中の中小企業に広めたい。そうすれば絶対に日本が良くなると思うんです。世界に負けたくないじゃないですか。その想いで今後も同友会に積極的にかかわっていきたいですね。それが今の私の原動力です」  \;

              ▲会社にかかわる人はみんな「Family」。
               昨年末に行われた餅つき大会のようす

企業概要

(有)昇栄興業
代表取締役 伊藤 健(いとう たけし)
埼玉県吉川市きよみ野2-1-7
TEL:048-981-9326
FAX:048-940-7954
http://shouei-kougyou.co.jp//

▲ このページの先頭にもどる

携帯対応について