同友会ニュース−お知らせ

自社の立ち位置を明確に! 企業変革支援プログラムステップ1発刊

自社の成長発展を測るモノサシとして

  このたび、中小企業家同友会全国協議会より、『企業変革支援プログラム ステップ1』が発刊されました。

このプログラムは、「同友会における三つの目的」や「中小企業における労使関係の見解」「21世紀型中小企業型づくり」のエッセンスを抜き出し、それらを企業変革のために必要な要素として整理分類し、自社の成長発展を図る物差しとして使えるようまとめあげたものです。
この機会にぜひ購入いただき活用下さい。

22項目を6段階で自己診断

  具体的な特徴としては
◎企業変革を進めるために必要な22項目について0~5の6段階で自己診断します。
  (例)・経営理念の成文化と社内の共有について
     ・経営方針と経営計画の実行と評価について
     ・苦情対応や顧客との関係強化
     ・製品やサービスの企画・設計について・・ など22項目
◎自己診断で自社の現状のレベルが把握でき、さらなる成長の課題が発見出来ます。
◎5年分の記入欄があり、経年変化を把握できます。
◎WEB上(e.doyu)で自社分析結果を管理でき、全国会員企業との比較もできます。
◎経営者だけでなく、幹部と自己診断しあうことで現状や課題を共有できます。
◎頒価1,000円/冊(e.doyuのIDつき)

▲ このページの先頭にもどる

携帯対応について