同友会ニュース−お知らせ

2009全県経営研究集会のご案内

金木犀の香りがほのかに漂って、秋のはじまりを知らせています。
学びの季節がやって参りました。
全県経営研究集会は、年に一度埼玉県内の会員経営者が一堂に会して
これからの企業経営を真剣に学びあう?学びの祭典?です。
厳しい経営環境下にて、「今こそ実践、今だからこそ同友会」を合い言葉に
学び合いましょう!

開催概要

開催テーマ:
新たな連携・仕事・地域づくりで不況打破
     ~今こそ実践 今だからこそ同友会~
主催:埼玉中小企業家同友会・設営/浦和地区会
後援:埼玉県、さいたま市、新都心ビジネス交流プラザ運営協議会
日時:2009年10月3日(土)
会場:埼玉県県民健康センター(基調講演)
   埼玉会館、さいたま共済会館(分科会)
   コルソ浦和7Fホール(懇親会)
参加費: 5,000円

<タイムスケジュール>
12:30 受付開始
13:00 開会
13:30~ 基調講演
15:30~ 分科会
19:20~ 懇親会
20:40 閉会

<会場のご案内>
埼玉県県民健康センター
埼玉県さいたま市浦和区仲町3-5-1
TEL:048-824-4801
JR浦和西口より徒歩15分

参加申込要項:
・申込締切日は9月25日(金)とさせて頂きます。
(見学分科会のみ9月15日(火)締切)
締切日以降のキャンセルは返金致しかねますのでご了承下さい。
・お問い合わせは同友会事務局までお願いします。

◆第一部 基調講演 (13:00~)

  会場:埼玉県県民健康センター

講演テーマ:
 100年に一度の不況にどう向き合うか
   ~今、中小企業経営者がなすべきこと~
講師:立教大学経済学部教授 山口義行
「中小企業サポートネットワーク(スモールサン)」代表。「政策工房J-Way」代表
関東経済局「新連携支援」事業評価委員長

講演概要
大不況が日本経済を襲っている。その深刻さは確かに前代未聞ではあるが、これは必ずしも予測出来なかった不況ではない。私は07年秋以降、「迫りくる不況」への対処を繰り返し訴えてきた。今回の不況がどのようなメカニズムで発生し、日本経済を深刻な事態に陥れるに至ったか。講演ではその全体像を明らかにしながら、会社経営に携わる者が的確な情報収集のネットワークを持つことの重要性を示す。あわせて、企業や行政が今こそ取り組むべき諸課題を実践的事例を示しつつ提言する。

◆第二部 分科会 (15:30~)

会場:埼玉会館・さいたま共済会館

第1分科会 社員が活きる会社づくり【経営指針】
第2分科会 経営危機を乗り切る同友会らしい経営とは【社員教育】
第3分科会 企業変革支援プログラムで自社の立ち位置を明確に【労働労務】
第4分科会 始めよう企業連携、仕事づくり社長の仕事【企業間連携】
第5分科会 環境問題をビジネスチャンスに生かす!【環境】
第6分科会 埼玉県の農業の可能性に学ぶ(定員40名)【見学分科会】
(9/15までにお申込み下さい。希望者多数の場合は抽選等により
人数調整させて頂きます。体験プログラム費用2,000円が別途掛かります。)

◆第三部 懇親会 (19:20~)

会場:コルソ浦和7Fホール

参加申込

リーフレット・参加申込書は下記よりダウンロードできます。

カラーリーフレット
モノクロ印刷・メール配信用

▲ このページの先頭にもどる

携帯対応について