2019 全県経営研究集会

トップイメージ

広げよう学びの 磨こう経営の

「人間尊重の経営」と「強靭な経営体質の企業」で
豊かな地域づくりに貢献しよう

1029(火)
会場/大宮ソニックシティ
参加費/5,000円
12:30受付開始
13:00第1部 全体会 〔小ホール〕
13:30基調講演 〔小ホール〕
15:40第2部 分科会 〔会議室〕
19:10第3部 懇親交流会 〔B1展示室〕
20:30閉会
第1部全体会13:00~ 基調講演13:30~15:10
基調講演者
◎所 在 地/沖縄県名護市屋部784-1
◎設立年月/昭和59年5月
◎社 員 数/23名
◎資 本 金 /300万円
◎事業内容/ダスキンフランチャイズ事業及ビルメン事業
基調講演

同友会での学びで「何のために」を問い続け

「人」の不完全さと多様性を認めた事から始まる「人を生かす経営」

「できないと思っていた障害者雇用を始めたことで、社内には新しい気づきが生まれ、やがて社員さん、仕組み、ひいては社内風土が変わった」と語る比嘉氏。どうしてできないのかをどうしたらできるのか、に変えていく思考の転換は、障害者雇用の問題のみならず、あらゆる経営の現場で必要とされるものではないでしょうか。 この基調講演では、障害者雇用について学ぶ中で、同友会の根本である『違いを認め合う』ことを再確認し、多様性を受け入れる「人を生かす経営」について、比嘉氏の講演から深めていきます。
比嘉ゑみ子氏
㈲やんばるライフ
専務取締役
沖縄県中小企業家同友会相談役
中同協障害者問題委員長
【沖縄県中小企業家同友会】
第2部分科会15:40~18:55
経営労働委員会
分科会報告者
小林 正人氏こばやし まさひと
東和建設㈱
代表取締役 専務
【北部地区会】

経営指針づくりと労働環境整備は表裏一体

経営がどん底の中、指針セミナー受講、なんと!翌年に新卒採用ができたわけ
地域の土木建設会社を事業継承した小林氏。ベテラン社員の退職、公共工事の先細り、売上半減、借入金返済と、どん底を経験。そんな中、同友会に入会し、即、経営指針セミナーを受講。労働環境整備から愚直にスピーディーに実践した結果、公共事業から民需へのシフト、女子を含む新卒社員の採用、30代の若手監督の育成などを実現。2年という短期間で、会社が劇的に変革し、新たな目標に向けて実践奮闘中です。
業務内容
土木工事業
◎所 在 地/埼玉県児玉郡上里町大字嘉美448
◎設立年月/1972年
◎社 員 数/9名
◎資 本 金/2,600万円
共同求人委員会・政策委員会
分科会報告者
佐藤 全氏さとう あきら
ヴィ・クルー㈱
代表取締役
中同協共同求人副委員長
【宮城県中小企家同友会】

地域で人を育て、地域の未来を創る

白石市中小企業振興基本条例の制定から活用と実践
2014年に宮城県初の理念条例として制定された「白石市中小企業振興基本条例」。宮城同友会白石蔵王支部会員が産業振興会議の中心となり、そのリーダー として「地域に若者を残すことの重要性」を話し合いながら、東日本大震災から1年後に制定を実現しました。事業革新と新しい仕事づくりで雇用を増やすという志のもと、「白石市経営指針を創る会」として、「地域を経営する」という意識で取り組んできた同友会運動の実践を報告します。
事業内容
バス製品/バスボディサービス/バスリサイクル/バス内装シュミレーター等/企画製造販売
◎所 在 地/宮城県白石市斎川字伊具田25-1
◎設立年月/2006年10月3日
◎社 員 数/35名
◎資 本 金/2,400万円
社員教育委員会
分科会報告者
佐々木 喜興氏ささき のぶおき
㈱シーキューブソフト
代表取締役 社長
中同協社員教育委員会 副委員長
【東京中小企業家同友会】

社員教育活動が会社再建の決め手だった!

会社経営における同友会の大切さを語る
起業し、同友会に入会しましたが、8年間幽霊会員でした。その間、社員から信頼を失い18名の退職者を出し、もう一度良い経営者を目指すために原点に戻り、同友会活動を再開します。そして社員共育委員会に所属しました。社員共育委員長などを歴任したことで、経営にも真摯に向き合うことができるようになりました。今までの経営と同友会、委員会との関わり、どのような影響を受けたか、その大切さをお話頂きます。
事業内容
制御・組込システム開発/Web・オープン系システム開発 に関わる業務全般
◎所 在 地/東京都中央区日本橋茅場町1-3-9茅場町MYビル
◎設立年月/1987年5月
◎社 員 数/30名
◎資 本 金/3,000万円
障害者雇用推進委員会
分科会報告者
小山 秀朗氏こやま ひでお
㈱東上セレモサービス
取締役
埼玉同友会 副代表理事
【むさし野地区会】

絶対無理だと思っていた障害者雇用へのシフトチェンジ

〜『罰金払えばいい』なんて、もったいない!〜
婚礼、式典を請け負うサービス業には、障害者を雇用する余地などないと考え、罰金を払い続けてきた。しかし、障害者雇用をしている会員の話を聞くうちに『人を生かす経営』を目指す上で、避けて通れないのではないかと気づく。社内では反対の声もある中、障害者雇用に向けて動いてみたら「絶対に無理」から「戦力になるかも」に変わった。そこに至るまでの思い、超えなければならない壁、これからの展望について語っていただきます!
事業内容
冠婚葬祭の引き受け業務及びこれに付帯する物品の販売と施行斡旋業務
◎所 在 地/新座市東北2-27-14
◎設立年月/1967年6月
◎社 員 数/350名
◎資 本 金/2,000万円
青年部
分科会報告者
齊藤 壽和氏さいとう としかず
㈱ディクタクス
代表取締役
青年部直前部長
【東彩地区会】

リーダー論

「しくじり部長」が気づいたリーダーシップの本来の姿
社長と青年部長との両立で多忙を極める中、ある日突然、NO.2と認めていた幹部社員が退職してしまうという創業以来最大の危機が訪れます。「みんなを巻き込めていないのでは…」と自省する中でリーダー観の変革を迫られます。経営は良い話ばかりではなく苦難の連続ではないでしょうか。「俺みたいになってほしくない!」という齊藤さんの熱意の報告と、経営者同士の本音の交流を通じ、「真のリーダーとは」を学び合ってみませんか?
事業内容
WEBサイト制作/システム開発/デザイン企画/イベント企画/広告代理等
◎所 在 地/埼玉県三郷市早稲田2-19-2
◎設立年月/2013年2月
◎社 員 数/9名(うちパート4名)
◎資 本 金/100万円
見学分科会
分科会報告者
出野 哲也氏いでの てつや
㈱大宮鍍金工業
代表取締役
大宮南地区会長
【大宮南地区会】

多彩な人材活用で業界トップクラスの現場を学ぶ

障害者・外国人・女性が戦力となる仕組み・社風づくりとは
めっき加工業の㈱大宮鍍金工業、出野哲也氏は三代目社長。工場長として新工場の立ち上げを経験し、その中で人材採用と育成方法を学び、会社を着実に成長させてきました。社員60名のうち障害者10名、外国人12名。女性も活躍しており、人材の確保につながっています。日本のものづくりを支えるめっき加工業の理解を深め、全員が戦力となれる経営のありかたを学ぶ見学分科会です。
定員40名
事業内容
亜鉛めっき加工等の金属表面処理メーカー
◎所 在 地/埼玉県さいたま市北区日進町1-188
◎設立年月/1949年9月
◎社 員 数/60名
◎資 本 金/1,000万円
全研実行委員長ごあいさつ
■実行委員長
吉田 雄亮
(株)吉田電工 代表取締役
埼玉中小企業家同友会副代表理事
【戸田・蕨地区会】
外部環境の激しい変化、採用難、事業承継問題など、中小企業に起こる問題は、山積みかもしれません。だからといって、情勢の困難さを口実にして、課題解決を行わなくとも良い訳ではありません。経営者が、経営を維持発展する為、「経営課題解決型」を超える、「課題進化型」になる為に、学び続け、実践をして行く事が、何より重要です。 そんな皆様の為に、今年の全県経営研究集会は様々な経営課題に対応可能な、分科会や基調講演を準備しました。多様性のある社会と雇用、地域への貢献、ビジョンを達成する企業への進化、働き続けたい環境づくり、経営を高め合う仲間づくりなど、個々の課題に向き合い、深め合える、同友会の学びの真髄をぜひ体験していただきたいと思います。 今、埼玉中小企業家同友会は、中小企業の抱えている問題を課題に変えて解決していく経済団体として、期待が高まっております。この全研で企業、地域、未来を語り合い、必要とされ続ける企業への道筋をつかみましょう! 実行委員会一同お待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。
開催要項
日時:10月29日(火)12:30受付開始
総合受付会場:ソニックシティ
〔基調講演:小ホール〕
〔分科会:会議室〕
〔懇親会:B1展示室〕
参加要項
参加費:5,000円
申込締切/10月22日(火) 振込先/お申込と同時に下記口座にお振込下さい
埼玉りそな銀行 与野支店(普)4519690 埼玉中小企業家同友会
※直接チケットを購入する事もできます。 ※恐れ入りますが、振込手数料はご負担願います。 ※締切日を過ぎたキャンセルは返金致しかねます。 ※分科会は会場の都合で定員がありますので先着順とします。 ※お振込の際は、振込人氏名の前に「ゼンケン」と入力してください。 ※必ず下記お申込書をご提出ください。
会場
アクセス地図
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1丁目7−5 TEL:048-647-4111
大宮駅西口 歩行者デッキにて直結・徒歩5分
※リンク先で一番下までスクロールし、
該当する参加登録ボタンを押してください。
中小企業家同友会
さいたま市中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ10F
TEL:048-747-5550 FAX:048-747-5560
[E-mail]info@saitama.doyu.jp